Pocket

こんにちは!smiley

 

小岩名倉総武整体院の角です!

 

いつもブログを読んで頂きありがとうございます!(^◇^)

 

今日は天気と腰痛の関係についてです!

0-68tuyu

 

 

 

 

 

 

 

 

 

雨が降ると腰や膝などが痛かったり、古傷がまた痛くなるといった経験がある方がいると思います。 この現象は雨がというより雨の日は気温や気圧が低下してるので起こるものです!

 

気圧が低下すると関節が膨張するため、腰や膝などの痛みが起こりやすくなります!

 

気温が低下すると血流が悪くなって交感神経が刺激されるので、これによっても腰が痛みやすくなります!

 

雨の日に痛みが出やすい腰痛には非特異的腰痛が多いとされています。これはレントゲンなどの検査で原因がはっきりわからない腰痛のことです。

 

特に慢性的な腰痛が天気の影響を受けやすいといわれてます!

 

天気は変えることができませんが気圧や気温が下がってもそれを感じさせないようにすることで痛みを緩和させることができます!

 

雨の日の腰痛の対処法としては

 

体を冷やさない! 寒くなりそうな日は一枚多く着たり、カイロを腰に貼ったりして冷えを防ぎましょう!

 

軽く運動をする! 腰の筋肉をほぐすような体操やストレッチを行い血行を良くしましょう!

 

といったことが大切になってきます!

 

今日もブログを読んで頂きありがとうございますm(_ _)m