Pocket

こんにちは! 小岩名倉総武整体院の山田です!

 

今日は今年一番の冷え込みらしいですね(´・ω・`)

こういう時は温かいものが飲みたくなりますよね?

 

コーヒー、コーンスープ、ホットミルク、ホットティー、煎茶・・・

 

色々と温かくて美味しい飲み物がありますが、今回は【白湯】についてお話していきたいと思います(^^)/

 

shutterstock_291627656-2-2-e1442461002772

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

白湯(さゆ、しらゆ)は、を沸かしただけで何も入れていないのこと  引用 Wikipedia

 

 

 

白湯は知っている方も多いと思いますが沸かしたお湯のことです。

 

白湯を飲むとどんな効果があるかというと

 

①胃が温まり、胃腸の動きを活発にする(整腸効果)

②胃の中に温かい液体が入るため体の芯から体温が上がる(体温上昇、代謝up)

③元は水なので素早く血管内に吸収され、体に潤いを与える(血流促進)

※ちなみにコーヒーや紅茶、お茶などは消化してから吸収を行うため血管内に入るまでに最短1時間ほどかかると言われている。それに対して水は最短で10分ほどで血管内に入るという研究データがある。

 

 

つまりお白湯を飲むだけで内臓の調子が良くなり、代謝もよくなり、血流も良くなる・・・

 

いいこと尽くめなんです!

 

特に腰は内臓の影響を受けやすく、筋肉の血流が悪くなると腰痛として痛みが出てきます。

白湯を飲むのは家でも簡単に出来ることなのでセルフケアにもってこいです!

 

最近、寒くなってきて腰痛があるかたは試してみてはいかがでしょうか??(^◇^)