Pocket

こんばんは!

小岩名倉総武整体院の角です!

腰痛2

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今日は腰痛になりやすい座り方についてです! 

 

立っているよりも座っているほうが楽なので座っているほうが腰にかかる負担は少ないように思われるかもしれません!しかし腰に負担をかけているのは実は立っているときより座っているときなのです!

 

具体的には、椎間板にかかる圧力を立ったときが100だとすると、椅子に座った姿勢では140、さらにその状態で前傾姿勢をとると185にもなります!

 

ちなみに仰向けの時がもっとも少なくかかる圧力は25程度です!

 

座るという行為自体が腰に負担をかけるのですが、座りながら次のような姿勢をとるとその負担はさらに大きくなります!

 

・背中を丸める  パソコンの画面を見たり、本を読んだりするときなどに前のめりになる状態です!

 

・片肘をつく  机や椅子のひじ掛けに片肘をついてあごを乗せたり、頬杖をついて体を支えている状態です!

 

・骨盤を倒す  背もたれに寄りかかって、お尻が椅子の前のほうにずれている状態です!

 

・斜めに座る  机に対して斜めになっている状態です!

 

・足を組む  足の裏で体重を支えていない状態です! 

 

こういった座り方はさらに腰に負担をかけて腰痛になりやすくなってしまいますので注意してください!

 

来週、腰痛になりにくい座り方についてお書きします!

 

いつもブログを読んで頂きありがとうございます(^^)/