Pocket

こんにちは
江戸川区小岩地区で
【腰痛・産後骨盤】で
お困りの方は小岩名倉総武整骨院へ!!

院長の佐藤です!!

本日もブログをご覧になっていただき
ありがとうございます!(^^)!

今日は院内で患者さんからよく相談されることについて
医学的根拠にも沿いながらお伝えしていきます♪

 

Q.痩せたいんだけれど運動はしたくないし、
 食事制限も続かないんだけれどどうしたらいいですか??

Q.昔に比べて体温が低くなってきているんだけれど
 何が原因なのかな?

Q.なんだか寝たのに疲れが抜けにくくなっているんだけれど。など

 

 

皆さんは最近上記のようなことに
お困りもしくはお悩みではないですか?
または、今読んでみて。「確かに言われてみれば」と
感じたりしていないですか?

結論から言いますと
上記のお悩みはどれも『代謝』が関係しております!!
今日はその代謝のことについてお伝えしていきます♪

代謝とは

代謝と一言にいっても
「基礎代謝」「活動代謝」「食事誘発性熱産生」
3種類があります!

基礎代謝とは、
3種類のうち最も多くエネルギーを要し
呼吸しているとき、寝ているときなど、生命を維持するために
必要なエネルギーのことで
効率よくエネルギーを消費するには基礎代謝を上げると良いと言えます!!

活動代謝とは、
身体を動かすことによって消費されるエネルギーのことです!
よくランニング何分で何キロカロリー消費した。とかっていうのは
この活動代謝のことです!!

食事誘発性熱産生とは、
意外に想う方が多いと思いますが
食事したものの消化・吸収する時にも
エネルギーを使うのですがそのことを指します!!

基礎代謝は上げられるの?

男性、女性ともに基礎代謝のピークは
10代半ばから後半にかけてです!!
ここから基礎代謝が大きく低下してしまう人と
維持・向上する人がいます!!
その差を生みだすものが生活習慣運動習慣です!!

基礎代謝を上げる方法

①適度な運動

厚生労働省は30分以上の運動を週に2回行うことを推奨しています
(抜粋:健康日本21)
もちろんこれ以上に体を動かす習慣のある方はこれに関しては問題ありませんがそもそも時間を作れない。などの理由から出来ていないという方は
まずはエレベーター・エスカレーターから階段。
電車・バスも座るのではなく、立つ。など少しずつ習慣を変えていきましょう!

②体が温まるものを食べる

主に、唐辛子やショウガ、玉ねぎ、ニラには体を温めてくれる
成分が含まれています!!
その他に筋肉のもととなる魚介類、肉類、チーズや大豆も
代謝を高め、脂肪燃焼をサポートしてくれます!!

これに対して
夏野菜(キュウリやトマト・ゴーヤなど)は体を冷やすといわれています

なぜ夏野菜は体を冷やすのかというと
夏野菜とはそもそも水分が多かったり、
利尿作用が含まれるカリウムが豊富に含まれていることが多いです!

なぜそのような食材が体を冷やすのかというと
赤血球の生成には鉄分たんぱく質・塩分などがあり、
冷え性の方はこれらを摂取することが望ましいのですが
夏野菜で分類されるものにはそれらの成分が少なく。
また、カリウムによって排出されてしまいます。


上記のように
・赤血球の生成に向かない
・カリウムが持つ利尿作用によって鉄分や塩分といった成分も排出されてしまう
という2点で体を冷してしまいます!!


③水分をしっかり摂取する

皆さんもご存じかもしれませんが
人の体のほとんどは水で出来ており
胎児は約90%
子どもは約60~65%
成人では約60~65%
高齢者では50~55%
水で占められていると言われております!!

そんな水は健康の維持には必須となります!
水をしっかりと摂ることで細胞にも水が行き届き
細胞の働きが高まり、代謝アップに繋がります!!



そしておおよその目安ですが
1日1.5~2ℓが好ましいとされています。

たくさんに思うかもしれませんが
これだけ汗や排泄物で体内から水が消失してしまっていることになります!
便秘や肌荒れ、冷え性、アトピー性皮膚炎なども
これが原因になって起こってしまうこともありますので
一度ご自身でどのくらいの量の水を1日に摂取しているか
確かめてみるのもいいかもしれませんね(^^)v

※心臓・腎臓になんらかの症状が出ている方は
お医者様に一度相談してみることもお勧めします!

本日は以上です。最後までご覧いただき本当にありがとうございます。

↓↓当院でラインを始めました!ぜひ追加をお願いします。

 

友だち追加

 

LINE送信文

・名前 ◯◯ ◯◯◯

・希望来院日、時間

・相談内容、症状

 

小岩で腰痛・坐骨神経痛・ヘルニアでお困りなら【根本治療】小岩名倉総武整体院へ 産後矯正