Pocket

こんにちは
江戸川区小岩にある
小岩名倉総武整骨院【腰痛・産後骨盤専門院】
佐藤です(^^)/

 

今回は
実際にご相談いただいた内容をもとに
皆さんにお伝えしていこうと思います!!

~目次~

  1. 妊娠・出産によって骨盤はどのように変化してしまうのか
  2. 産後のケアの具体的な方法とそのタイミングは?
  3. 産後体型が戻らない原因
  4. 第1子出産後もまた子供が欲しいが産後ケアは行う必要はない?

1.妊娠・出産によって骨盤はどのように変化してしまうのか

妊娠初期の身体の変化

女性の身体の中では
お腹が大きくなる妊娠中期~後期よりも前段階である
妊娠初期から骨盤に変化が出始めます!!

 

まず妊娠することによって
流産してしまわないようにする為に反射的に
子宮の収縮が行われなくなります!!

この時に分泌される
リラキシンというホルモンは筋肉や靭帯を緩ませる働きをするのですが
リラキシンによって骨盤を固定する靭帯、また筋肉が緩むことによって
関節まで緩んで骨盤はグラグラになってしまいます!!

妊娠中期~後期にかけての身体の変化

中期から後期にかけ、胎児が大きくなるにつれて
お腹も大きくなり足から腰に掛けては重心が前へ傾きます!!
その傾いて、崩れてしまったバランスを
を大きく反らせようとしてとろうとします!!
それによって腰は圧迫を受け、腰痛に繋がります!!
また大きく後ろに反れば反るほど逆に前に丸まります
つまり猫背です!!

また
何よりもこの時期になると
骨盤が開いたような状態になります!!

この時には
筋肉量の低下も著明にみられます!!
特に姿勢を維持する際に使われる
腸腰筋・腹横筋
骨盤の下にハンモックのようにかかっている
骨盤底筋群という筋肉が低下します!!
この骨盤底筋群が緩むことによって
尿漏れのトラブルに繋がってきます(´;ω;`)

出産による身体の変化

出産のタイプにもよりますが
自然分娩でも難産になると骨盤の歪みが大きくなると
されています!!

帝王切開の場合は
近年、開腹面積の低下によって
筋肉の損傷は
以前ほどではなくなりましたが
手術後の入院期間の延長化によって
前述したインナーマッスルはどんどんと
低下していってしまいます!!

 

無痛分娩の場合は
この中では最も
骨盤への影響は少ないとされています!!
ただ稀にではありますが
医療事故のリスクも病院などによっては
あるようなので
事前に調べておくことをお勧めいたします!!

 

2.産後のケアの具体的な方法とそのタイミングは・・・?

出産によって母体は身体的にも・精神的にも
疲弊しきってしまいます!!
おおむね4週間以内にかかる「産後うつ」
10人に1人が発症すると言われており
考えられる主な原因は
ホルモンの変化・授乳や夜泣きによる睡眠不足
大きく影響していると言われています。

産後のケアの具体的方法は・・・?

産後初期から出来るケアとして
身体を温めることが挙げられます!!
方法としてはくるぶしくらいの
高さまで40~42度のお湯を溜めてつかる足湯

胴体周りの冷えを防ぐ
腹巻

絹と綿の靴下を交互にはく
冷え取り靴下などがおススメです

また骨盤の開きに関しては
トコちゃんベルトの着用をお勧めします!!
トコちゃんベルトは出産2カ月程度までの着用が望ましいです!!
この期間が延びてしまう事で本来あるべきはずの
ご自身の筋力の低下を招いてしまう恐れがある為です!!

逆にベルトの着用期間が
短すぎてしまう事で、子宮脱といって子宮が飛び出てしまう
可能性があります!!

トコちゃんベルトの巻き方に関しては
以下の写真を参考にしてみてください!(^^)!

産後の骨盤矯正を行う理想のタイミングは・・・?

産後の矯正で最も効果的なのは
産後2か月から6か月の間の期間です!!

早いに越したことはありませんが
産後すぐは悪露が出てしまいやすかったり
ホルモンバランスの乱れから体調を崩してしまいやすいからです!!

逆に期間として6か月を過ぎてしまうと
産後すぐから分泌され始める
骨盤が引き締まるホルモンの分泌が停止してしまうからです!!

3.産後体型が戻らない原因は・・・?

体型が戻らないのは・・・?

1番は代謝の低下によるものがほとんどです!!
代謝は筋肉量に大きく左右されます

そんな筋肉量は
妊娠中期以降
体調がホルモンバランスが崩れることによって
悪化しやすい点。また
余計な子宮への刺激で流産を防ぐために
運動量が低下します。

また産後すぐもホルモンバランス・子育て等の
影響で時間を捻出することが難しくなり
筋肉量低下→代謝低下→体型が戻らないというサイクルに陥ってしまいます!!

また
妊娠時には胎児への栄養源供給のために
食事量が増加する傾向があり、
出産後からは母乳で栄養を取られてしまうため
摂取エネルギーが増加し体重が増加してしまうことが
考えられます!!
(かといってここでいう食事量の増加は胎児のため
くれぐれも自分の体型のためだけに食事量を減らすことだけはしないでください

 

第2子以降の出産後に体型が戻らない?

当院にいらっしゃる
産後のママさんでも1人目の時は産後すぐ
体型が戻ったのに今回は
戻らないんですよ~というお悩み!!

結論から言うと
これも筋肉量の低下によります
ここでいう筋肉は腹横筋です!!

腹横筋はお腹周りをぐるっと1周まわってついています
胎児が母体の中で大きくなれば
同時にこのこの腹横筋も緩みきってしまいます。

イメージこんな感じです↓↓

ということは妊娠回数が多ければ
多いほどこの筋肉はどんどんと低下していってしまいます(/_;)

それが
ここで言っている第2子以降体型が戻らないという
原因の可能性がほとんどです!!

またこの腹横筋が低下してしまうことで
腰痛・肩こり・猫背・膝の痛み・ポッコリお腹に繋がってしまいます!!
さてあなたは何項目当てはまりますか・・・?

 

4.第1子出産後もまた子どもが欲しいが産後ケアは行う必要ない?

結論から言います!!
行う必要は大いにあります!!!

 

なぜか・・・?
理由は簡単です!!
妊娠時には卵巣の栄養状況、また子宮位置関係も非常に大事になります!!

この2つに影響を及ぼしてしまうのは
骨盤です!!
骨盤のゆがみです!!

ゆがんだ骨盤で
栄養が枯渇した状態で、
胎児が成長する子宮が骨盤のゆがみにより
捻じれてしまっては
大きくなるはずの胎児の成長に支障をきたしてしまいます(/_;)

 

身体の痛み・お悩みでお困りの方は
ぜひ小岩名倉総武整骨院へお越しください!お待ちしてます!

皆さまからの声

本日は以上です。最後までご覧いただき本当にありがとうございます。

↓↓当院でラインを始めました!ぜひ追加をお願いします。

 

友だち追加

 

LINE送信文

・名前 ◯◯ ◯◯◯

・希望来院日、時間

・相談内容、症状

 

小岩で腰痛・坐骨神経痛・ヘルニアでお困りなら【根本治療】小岩名倉総武整体院へ 産後矯正