Pocket

こんにちは!

小岩名倉総武整体院の山田です(^◇^)

 

今回は猫背の原因で大きくタイプ分けしたものを紹介いたします(*´Д`)

あなたはどのタイプの猫背さんでしょうか??チェックしてみましょう!

 

1212121212121

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

①お腹猫背タイプ(反り腰)

このタイプは立った時に腰が沿っていたり、仰向けで寝ている時に腰の下にすっぽりと手が入ってしまう人です。

起こりやすい症状としては「腰痛」が多く挙げられます。

腹筋などの前の筋肉の低下がみられるのも特徴的です。また太ももの前の筋肉が硬くなりやすく、むくみが出やすい傾向があります。

 

②腰猫背タイプ

腰猫背のタイプの人は、座っている時に腰が丸くなってしまう人です。

起こりやす症状としては脊椎に直接力が加わりやすいので、「椎間板ヘルニア」などの症状が多くなります。

インナーマッスルなどの体幹を支える筋肉の低下が疑われます。

 

③背中猫背タイプ

背中猫背の人は座っている時に背中が丸くなる人です。

起こりやすい症状は「胃腸の不調」が起こりやすいです。また自律神経の乱れも起こりやすく、のぼせや倦怠感などが出やすいのがこの猫背の特徴です。

このタイプもインナーマッスルの低下が疑われます。

 

④首猫背タイプ

首猫背の人は、座っている時に首が前に突き出した状態になる人です。

起こりやすい症状としては「肩から腕にかけての痺れや不調」です。

首にかかる負担が他のタイプより高く、首から出る神経を圧迫してしまいます。

このタイプは日常の姿勢や体の使い方などを見直す必要があるでしょう。

 

 

あなたはどのタイプの猫背だったでしょうか??

 

何かに当てはまる人はしっかり猫背は治しておいた方が身体に良いですよ。

ではでは!